トレンドカラーの決め方

お店に並ぶブランドの服は、毎シーズンどの店も似たような色のものが多いです。

2017年春夏はピンクの服をよく見かけました

毎年の流行色というのは、あらかじめ決められているそうです。

カラートレンドの傾向が実シーズンに先駆けて早く提供されれば、メーカー側のほうで商品開発の計画を立てやすくなるのです。

初夏のトレンドなら実シーズンの約2年前の6月で秋冬のトレンドは12月に、インターカラー(国際流行色委員会)で色が選定されます。

インターカラーの動向を踏まえて、さらに一般社団法人日本流行色協会で日本の市場動向やトレンドを加味しながらカラーデザインを選定し、約1年半前に日本向けの流行色「JAFCAカラー」が発表されます。

流行色の選定は、3~5色程度のカラーグループがいくつか提案され、その中から作り手に選ばれたカラーが商品となり売り出されます。

家電やインテリアなどの流行色の提供もおこないます。

洋服の流行色の選定は年に2回となっていますが、インテリアや自動車は年に1回だけです。

流行色は年によって黒やグレーなどモノトーンだったり赤や黄色などの明るい色だったりし、爆発的に流行る色というのもありますが、売り手の戦略にはまっているのです。